3-7.ブログ副業で気をつけるべきこと

個人事業のお金と法律

ブログを副業にして副収入を得ようとする場合は、いくつか注意点があるのでここで知っておきましょう。

1.副業禁止ではないか「就業規則」の確認を
2.雇用形態にも注意
3.副業で20万円を超える収入を得た場合には確定申告が必須
4.ブログが続かない悩みはどう解決する?

副業禁止ではないか「就業規則」の確認を

最近では副業を大々的に認める会社も増えてきましたが、まだまだ「副業禁止」を定めている会社は多いものです。
副業について禁止されているかよくわからないという方は、就業規則を確認しておきましょう
禁止されている場合は副業はできませんが、バレないように行うという方法もあります。
この場合は解雇されたとしても責任は負えませんので、ご自身の裁量で判断するようにしてください。

雇用形態にも注意

副業でブログをする場合にはご自身で運営するわけですから、広告収入がメインです。
しかし、すぐに広告収入が手に入るわけではありませんので、すぐに稼ぐ方法として誰かのブログを代わりに書いたり、ウェブメディアの記事を執筆するという方も多いでしょう。

この場合、多くは業務委託契約を結ぶことになります。
内容についてここで詳しくは書きませんが、業務委託の条件などにおいて不利な扱いを受けることがありますので事前に調べておきましょう。

「アルバイト」として記事を書くという方法もありますが、この場合は社会保険の加入により会社にバレてしまいます副業禁止の場合はアルバイトなどの雇用契約は避けるべきです。

副業で20万円を超える収入を得た場合には確定申告が必須

副業で年間に20万円超える収入となった場合は確定申告が必要です。
確定申告をする場合は「普通徴収」を選びましょう。
「特別徴収」にすると会社の給与から天引きされるため、副業がバレてしまいます。

20万円を超えない場合に確定申告が不要でも、住民税の申告は必要です。
市役所で手続きしましょう。

ブログが続かない悩みはどう解決する?

「ブログを書き始めたんだけど、仕事も忙しい続かない」
副業の場合は本業が忙しいため、なかなかブログへの時間が避けないというお悩みも多いものです。
毎日1記事書けなくても、小さなステップを続けるようにしましょう。

例えば
・記事の構成だけを考える
・見出し1つ分だけをかく
・5分だけ書いてみる
などです。

なんでもそうですが、やり始めるまでが一番難しいのです。
面倒だと思っても、5分でいいので書き始めればもっと書きたくなりブログも続きます。
時間がないときは「5分だけ」と小さく区切ることで、続けることを億劫に感じないようにするのが長く続けるコツです。

yuikomore

司法浪人中にこの世界に浸かってしまったフリーライター。無駄に法務博士(職業)の学位あり。ノマド女子と言いながら、在宅ワークが多いのが最近の悩み。もう一度NY...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。