革命児それとも問題児?ホリエモンとキンコン西野から何を学べるか

Culture

時代の先を行く有名人から学びを得て2019年を実りある年にしよう!ということで、今回は西野亮廣さんと堀江貴文さんの本をご紹介します。本を出せばベストセラーの彼らは本当に時代の革命児なのでしょうか?「そもそも自分とは違う世界の人…」なんて言わずに新たな学びを探ってみましょう!

目次

  1. 新年のやる気欲しいトーク#1「話題のあの人の本」
  2. 『新世界』で信用とお金の関係を学べ
  3. 『多動力』でで肩書きを増やして失敗を経験に
  4. 新たな生き方を見つけるチャンス

新年のやる気欲しいトーク#1話題のあの人の本

yuikomore
いきなりやけど、ホリエモンとキンコンの西野の本って読んだことある?

さとっち
あるある!どちらかというと結構影響を受けてる方かも・・

yuikomore
マジか!!!私ちょっとアレルギーあるんよね。読んだことないくせに(汗)

さとっち
ええええええ!!もったいな!一回読んでみてよ!変わると思うよ!(信者)

yuikomore
えっほんまにぃ?役に立つ?なんか上から目線で怒られそうな印象(笑)

さとっち
うん。意外と、普段の生活で少し意識が変わるようなヒントがある!

yuikomore
そうなんやぁ。ちなみに、新年に読むべき本ある?やる気でる感じの。

さとっち
まあ初心者なら、まずは堀江さんの『多動力』かな。あとこないだ出た西野さんの新作『新世界』もおもしろかったよ〜

yuikomore
ふーん。ちょっとかいつまんで内容教えてや。

さとっち
せこ!(笑)…しゃーなしやで、ええよ!

Yuikomoreと同じく読んでみたいけれど、ちょっぴり抵抗感のある皆さんのためにさとっちが2人の本の魅力をご紹介します!

『新世界』で信用とお金の関係を学べ

『新世界』(西野亮廣)ってどんな本?

『新世界』では、新しい時代のお金を生み出し方を学ぶことができます。

「嘘をつかなくてもいい環境」を手に入れるんだ。何をすれば「信用」が減って、何をすれば「信用」が増えるのかを見極めるんだ。No.761

汗水垂らして働いて得られるのが”お金”というのは…当たり前ですよね。でもこの本では、今は「信用」を稼ぐことで”お金”を生み出すことができる新しい選択肢があることを説いています。

日本の学校ではお金の教育はありません。国民がそこそこ貧乏な方が国にとって都合がいいので、お金について語ることは賤しいことだととされてきた経緯があるためです。でも生きていくのにどうしたってお金は必要なので、何か方法が必要。

では実際にどうやって「信用」をもとに”お金”を生み出すのか? 
その答えは、クラウドファンディングやオンラインサロンにあります。本の中ではこれまでになかった新しい方法を、西野さんや彼の周りの人の実体験を元に具体的に教えてくれています

実際有名人でも一般人でも、インスタグラムのフォロワー数は多いけど、なんとなく胡散臭い人っていますよね。ステマ広告(自分の利益)のために商品を紹介する人はやはり信頼できません。そうすると、認知やフォロワーの数が多いのが正解ではなく、いかに信頼されてるかってことが重要になってきます。

さとっち
この本では、信頼の大切さがよくわかります!でも、クラウドファンディングをやる前に、自分の信頼を身内以外で積み上げていくことこそ難しいんですよね。オンラインサロンで活躍したり、顔や名前を晒してSNSで発信するしかないのかなあ?

西野亮廣さんってどんな人?

お笑いコンビ「キングコング」の1人。自身が運営するオンラインサロンは日本最大で、本を出せば毎度ベストセラー。芸人としてテレビで見かけることは少ないながらその影響力は計り知れない。37万部を超える大ヒット絵本「えんとつ町のプペル」で絵本作家としての顔も持つ。

 

 

yuikomore
思ったよりまともな本でびっくりした!全然問題児じゃないね(笑)なるほど、経済的な信用力じゃなくて、嘘を言わない信用力が大事になってくる時代なのかもねぇ。

『多動力』で肩書きを増やして失敗を経験に

『多動力』(堀江貴文)ってどんな本?

一つのことだけを全うする人生ではなく、色々なことに興味を持ってたくさんの肩書きを持ち、短い人生を楽しもうという提案をしてくれる本です。全8章で構成され、章の中の小見出しが終わるごとに、JUST DO IT!というチェック項目があります。これをチェックすることで普段自分がいかに型にハマって生きているかが目に見えてわかるんです…!

◯ 第1章の中のチェックシート

□あなたの肩書きを紙に書き出してみよう
□3つ以上ない人は反省しよう。
□反省(2秒でいい)が終わったら、欲しい肩書きを理想でいいから書いてみよう。
□ではその肩書きを手に入れるにはどうしたらいいのか。1万時間を捻出するための計画を立ててみよう(具体的に)。No.254

大それたものでなくても肩書きが増えれば、自分のレア度が高まり、経験する内容も自ずと増え、人生がより生きやすくなります。もちろん新しい肩書きに1万時間をかける圧倒的な努力も必須です。

◯ 第7章の中のチェックシート

□恥をかけばかくだけ、自由になれる。さあ恥をかこう。
□とっても恥ずかしい格好をして街を歩こう。
□とっても恥ずかしい過去の失敗を話してみよう。
□意外と、みんなあなたに興味がないことに気がつくはずだ。No.1182

どうしても気にしてしまう他人の目。これを克服して強いメンタルを手に入れれば、リスクを恐れず大概のことに挑戦できます。堀江さん自身も一度刑務所に収監されていますが、もはやその事実ですら忘れかけられていると述べています。

堀江さんがやれと言ってることって、実はそんなに特別なことはなくて誰でも真似できることばかりなんですよね。でも実際にそれを実行するのが難しいんです。本を読んだだけでは人生何も変わりません!

さとっち
私自身、会社員時代「営業マン」という肩書きしかなくて愕然とし、「ブロガー」という肩書きを加えたくて慌ててブログを開設しました。当時はブロガーと名乗ることも恥ずかしがって仲のいい友達にもブログの存在を教えず。でもあまりにも閲覧数が伸びなくて友達に宣伝し始めた経緯があります(笑)

堀江貴文さんってどんな人?

実業家、コンサルタント、作家、投資家、クイズタレント、コメンテーター・・・書き尽くせないほどの経歴を持つまさに多動な人。福岡県出身。歯に衣着せず嘘をつかないが故に話題になることも多い。

 

 

yuikomore
私は嫌ってほど判例100選のライブドア事件を見たせいで“収監”忘れられない…。やっぱ問題児?(笑)でも、ホリエモンの行動力には脱帽やね!この人にはなれないけど、自分の出来る範囲で行動を始めることが大切なのかもね。

新たな生き方を見つけるチャンス

時代の波に乗っている2人の本をご紹介しました! 「彼らだからできるんでしょ?」と思いがちですが、実際に読んでみると自分にも真似できることがたくさんあります。

2人に共通しているのは、自分に素直に、自分のやりたいことに対して圧倒的に努力しているということ。本からも真面目さが伝わってきます。

注意したいのは、真似しても決して西野さんや堀江さんみたいになれるわけではないということ。目標にするのはいいけれど、あくまでも自分の人生をより良いものにするということを忘れていけません。

そして大事なのは、実際に本を読んで一歩踏み出せるかどうかです。2019年をより良い年にするために、革命児たちの考えをもとに、行動してみてはいかがでしょうか。

関連記事:やる気は自己管理!フリーランスのモチベーションを上げる本3選

関連記事:これで前に進める!モヤモヤして踏み出せない時に読むべき本3選

さとっち

営業や販売を10年間担当したインテリアメーカーを退職し、ブロガー・ライターに転向。旅行が大好きで、いろんな国を旅しながら生きていくのが目標です。旅、グルメ、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。