• HOME
  • ブログ
  • Culture
  • 【今月のご褒美】梅雨の不調にも負けない!オーガニックハーブティー

【今月のご褒美】梅雨の不調にも負けない!オーガニックハーブティー

Culture

毎月「がんばった自分にご褒美を贈ろう」をコンセプトに、おすすめのアイテムをJulesスタッフがプレゼンする『今月のご褒美』。今回は、気分に合わせて楽しめる「オーガニックハーブティー」をご紹介します。

『今月のご褒美』とは?

日々忙しく働く女性にとって、“自分へのご褒美”は明日への活力。

3時のスイーツや、1日の締めくくりに飲むお酒もいいけれど、月末には1ヶ月がんばった自分へのご褒美として、少しの贅沢を許してあげたいですよね。

「今月のご褒美」は、そんな“自分への労い”をテーマに、月末にご褒美として購入したい“とっておきのアイテム”をご紹介。少しお財布が寂しくなった分、「日々の生活にハリが出て、心が豊かになる」アイテムをJulesライターがプレゼンします!

目次

1.6月のご褒美は、ハーブティー!体調や気分で使い分けよう!
2.効能別!おすすめのハーブティー
3.飲み方もいろいろ。水出し、ブレンドをお試しあれ
4.購入の際のポイントは?
5.【番外編】ハーブを飾ってみる?
6.【編集後記】yuikomoreお気に入りのハーブティー

6月のご褒美は、ハーブティー!体調や気分で使い分けよう

yuikomore
6月のご褒美は、yuikomoreがお送りします!

皆さんは仕事中、またはちょっとした休憩中に何を飲んでいますか?

多くの方から「コーヒー!」という声が聞こえてきそうですね。私も基本的にはコーヒーを飲んでいます。しかし、「ちょっと胃の調子が悪いな」「やる気が出ないな」という日は、コーヒーが合わないことも。そんなときは、コーヒー以外の選択肢以外も考えてみるといいかも?

私のおすすめはハーブティーです。種類も豊富で、いろんな効能があるので、気分や体調に合わせてチョイスできます。香りで気分転換にもなるので、家にひきこもりがちなフリーランス女子にぴったりなんです。

ハーブティーは、市販で売っている安価なハーブティーでも、もちろんOK。でも、少し値段が張るオーガニックのハーブティーなら、効き目も香りもグッとUPします。そこで今回は、今月のご褒美として「オーガニックハーブティー」をご提案します!

効能別!おすすめのハーブティー

yuikomore
まずは、効能別のおすすめのハーブティーをプレゼンさせてください!

やる気がないとき、眠気さましに

仕事を始めたのに、どうしてもやる気が出ない…そんなときにおすすめなのが、スッキリ・シャキッとした気分になれるハーブです。

具体的には、ペパーミントやレモングラス、ローズマリーなどが該当しますペパーミントは集中力を高める効果があり、レモングラスは気分をリフレッシュさせてくれるハーブ。ローズマリーは、交感神経を刺激する成分が含まれているので、お仕事モードにキリッと切り替えることができます。

眠気が強いときは、ペパーミントのメンソール成分で気分をシャキッとさせましょう。

生理前・生理中のイライラ期

生理前や生理中は体のコントロールがうまくいかず、眠かったりイライラしたりと、さまざまな不調が現れがち。そんな女性ホルモンの乱れを調整してくれるのが、セント・ジョーンズワートです。

ハーブの中でも効能が高く、ヨーロッパではPMSに処方される薬としても利用されています。ハーブティーにすると、薬やサプリほどの効果は見込めませんが、人によってはサプリよりも体が楽になったと感じることもあるのだとか。気になる方は一度試してみる価値ありですよ。

※ピル(経口避妊薬)を服用されている方は副作用がありますので、飲まないように注意しましょう。

リラックスしたいとき

「今日はもうぐったり…仕事で疲れた!」そんなときは、リラックスできるハーブティーが必要。おすすめは、断然カモミールです。カモミールはストレスや不眠に効果があるといわれていますが、実はそれ以上に万能なハーブ。

胃腸の調子が悪いときにも、消化を促進してくれる効果があるそうです。また、PC作業が多い人に魅力的な、目の疲労回復効果もあるのだとか!リラックスしたいときだけでなく、少し体調がすぐれないときにも、強い味方になってくれます。

飲み方もいろいろ。水出し、ブレンドをお試しあれ

ハーブティーというと、暖かい飲み物のイメージがありませんか?

でも、これからの季節は冷たいハーブティーが美味しいんです。ハーブティーは、お湯で煮出すのが基本。アイスティーにするときも煮出しで行う方法が一般的ですが、どうしてもえぐみ・苦味がでてしまいます。これを解決してくれるのが、「水出し」水出しでも時間をかければ、しっかり味や香りを楽しむことができます。

また、いくつかのハーブをブレンドして飲む方法もあります。例えば、ペパーミントは癖の強いハーブですが、レモングラスと一緒にブレンドしてみると、飲みやすいハーブティーに仕上がりますよ。個人的には、お気に入りのハーブにちょっぴりペパーミントを加えるのがおすすめです。夏っぽい爽やかなテイストに仕上がります。

また、オレンジの皮を乾燥させて(オレンジピール)、他のハーブに混ぜるとちょっぴり柑橘系の爽やかな香りがプラスされ、味の変化が楽しめます。甘味を加えたい方は、ステビアを混ぜて自然な甘さを堪能してみてください。

基本のハーブティーのつくり方

《分量》 コップ一杯(180ml)なら、ティースプーン山盛り一杯が目安。

《つくり方》 ティーポットにハーブを入れる。沸騰したお湯をティーポットに注ぐ。蓋をして、4〜5分蒸らします。最後に均一になるようかき混ぜ、注げば完成です。

水出しハーブティーの作り方

《分量》 750mlに大さじ1杯程度(15g)が目安。お好みで濃さを調節してみてください。

《つくり方》 ハーブをボトルなどの容器に入れる。常温の水をそそぐ。(※冷たすぎる水は、味が移るのに時間がかかるので注意)冷蔵庫等で10時間程度寝かせれば、完成です。

ブレンドハーブティーの作り方

《分量》 ブレンドはお好みです。1対1で混ぜてもOKですがお好きなハーブにその1/2の量の別のハーブを混ぜると調整しやすいと思います。

《ブレンド例》 レモングラス×スペアミント、カモミール×オレンジピール、レモングラス×オレンジピール、セントジョーンズワート×カモミールなど

《つくり方》 ティーポットにお好きな分量を入れて混ぜるだけ。ホットでも水出しでも同じです。

購入の際のポイントは?

1 オーガニックをチョイス

おすすめは、オーガニックのハーブティーです。スーパーや小売店等で売っているハーブティーのほとんどは、化学合成農薬や化学肥料が使われて栽培されたものです。

農薬等が使われたものは大量生産に適しており、数多く流通していますが、どうしても効能の面で落ちてしまいます。早く成長させてできるだけ多く出荷させるため、自然に栽培されたものよりも栄養が少ないのです。

オーガニックハーブは栽培に手間暇がかかるため、通常のハーブよりもお高めですが、「驚くほど高い!!!」というわけでもない(数百円の差)ので、効能を重視する方にはおすすめしたいです。

2 ティーバッグになっていないもの

できれば、ティーバックに包まれていないシングルタイプをチョイスしましょう。というのも、その日の気分によってブレンド、また水出しで多めに作っておくためには、ティーバッグだと邪魔になってしまうからです。

茶こしがついているティーポットで入れれば、ティーバッグがなくても問題ありません。ちなみに私は、大きめのティーポット(800ml入ります)で多めに作って、手間を省いています。ぜひお試しあれ。

【番外編】ハーブを飾ってみる?

ハーブティーは味が苦手なんだ!という方もいらっしゃるとでしょう。そんな方は、ハーブを飾って楽しんでみては。

スーパーに売っているローズマリー、スペアミントなどのハーブをキッチンや仕事場で、水に挿して飾ってみてください。部屋にハーブの新鮮な香りが漂います。これだけでも十分リラックス効果や、やる気UPが期待できますよ。

yuikomore
おしゃれな水差しに飾れば、気分も盛り上がるはず。ぜひ試してみて!

【編集後記】yuikomoreのお気に入りハーブティー

私は、高知県の「ハーブ仁淀川」からをお取り寄せしています。今年、高知へ旅行に出かけた際が、そこで出会ったハーブティーがなんとも美味なのです!

市販で売っているものよりも、香りが豊かで味もまろやかなのに驚きました。その場でも数点購入したのですが、すっかりハマってしまってネットでも追加購入。栽培農家さんもすごく素敵な方で、丁寧に対応してくださいました。気になる方はぜひ、一度直接注文してみてくださいね!

gigi
私もYuikoさんからお土産にカモミールを頂き、飲んでみました!実はここだけの話、私カモミールってちょっと苦手だったんです。(yuikoさんごめんなさい。笑)でも、こちらのカモミールティーは変な臭みもなく、素直に「美味しい!」と感じられたのが衝撃でした!いただいてから毎日飲んで、癒されてます。

 

yuikomore

司法浪人中にこの世界に浸かってしまったフリーライター。無駄に法務博士(職業)の学位あり。ノマド女子と言いながら、在宅ワークが多いのが最近の悩み。もう一度NY...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。