About Jules

 きっと多くの人が「もっとこうだったらいいのに」と願望を抱いていると思います。

コンセプトに掲げている”新しいリアル”とは、皆さんが思う理想の自分です。

自分らしく生きていくためには、本当の自分を見つけて今を変えていく力が必要です。

これは、誰もが潜在的に持っている力です。でも今ひとつ私たちが欲しい”前に進むための情報”が足りない。背中を押してくれる存在や、現実的に新しいリアルを構築する”ヒント”が欲しい。

そんな想いから、Julesを立ち上げました。

メディアでは女性のキラキラした側面だけをどうしても追いがちで、現実とのギャップが憂鬱に感じることもあります。

実際の人生は、ドラマのように劇的ではなく、地味にしんどいことの連続です。地味にしんどいことを少しでも楽にできたら…?人生は少し楽しくなるかも。

Julesでは、ライフスタイルや生活の些細な悩みを解決するための視点を提供したいと考えています。

あくまで”生き方”を主軸とし、ファッション・美容・コラムだけでなく、生活に欠かせない法律・女性のためのノマドライフについての情報発信も行っていきます。

「自分らしい生き方を見つけたい」「自分らしい働き方を構築したい」「身の回りの簡単な問題は自分で片付けたい」「育児をしながら働きたい」・・・

こんな気持ちを現実にしていくためのヒント=新しい1歩への勇気が出ないときにそっと背中を押してくれる、そんな存在になりたいと願っています。一緒に自分らしい”新しい生き方”を育てていきましょう。

皆さんの生活の1ページにJulesを加えていただけますように。

-jules編集部-

Julesを作ってるのはこんな3人

yuikomore
司法浪人中にこの世界に浸かってしまったフリーライター・編集。
無駄に法務博士(職業)の学位あり。得意分野は、法律・ファッション・海外音楽・英語関連記事。特に関心が深いのはジェンダー関連。
Julesでは、主に、法律記事、カルチャーの記事を担当。たまにファッションや美容にも登場します。
gigi
ファッションライター・編集。アパレルメーカーにて約7年、販売や営業を担当。副業ライターを経てフリーランスに。「可愛い、オシャレの先がわかる」をテーマに、リアルに役立つ情報発信がモットー。 Julesではファッション、美容、カルチャー(韓国)記事を担当しています。
さとっち
営業や販売を10年間担当したインテリアメーカーを退職し、ブロガー・ライターに転向。旅行が大好きで、いろんな国を旅しながら生きていくのが目標です。旅、グルメ、睡眠、ミーハーなことはお任せください。座右の名は『人生一度きり』

Julesの始まり

Julesのコンセプトは、まさに私たちの人生といっても過言ではありません。

なぜなら、私たちは、インターネット上の仕事を通して出会い、一度もリアルで会ったことがないまま、このサイトを立ち上げることを決めたからです。

もちろんその後、何度もお互いの価値観・仕事の進め方について話しましたが、最初はスカイプ会議という名のおしゃべり劇場から始まりました。ファッション・美容の話から始まり、日々の雑談、仕事の話、海外ドラマ、今の価値観、そこから「こんな生き方変わってるよね」「私たちの価値観ってどうなの?」「こんなサイトあれば良いのにな」「一緒にやろうよ」これが始まりです。

私たちは、Webライターという職業がなければ出会うことがなかったと思います。

ひとりは、司法浪人で法律漬けの毎日、一人はアパレルの営業で遅くまで働く日々そんな2人が、本業の傍ら「これならできるかも?」と思って始めたのがこの仕事です。

Webライターを続けるうちに、文章だけで何かを伝えることの素晴らしさ、そして何よりノマドワークの快適さが身に染みて、いつのまにか本業になっていきました。

全く違うところからスタートした分、新しいリアルを構築するための不安は身を持って経験しています。当時の気持ちを思い出しながら、自分らしくライフスタイルを向上させる発信をしていきたいと思っています。

私たちの一風変わった生き方や価値観が、どこかで誰かのためになることを願って…