大阪女の宿命…か?ヒョウ柄コーデとの上手な付き合い方

Fashion&Beauty

毎年秋冬になると気になるアニマル柄トレンド。特に今年はレオパード(ヒョウ柄)が人気の様子。でも、大阪でヒョウ柄をオシャレに着こなすには一抹の不安が…。そこで今回は、“大阪のおばちゃん”にリスペクトを込め、ヒョウ柄コーデとの上手な付き合い方をお伝えします。

目次

1.今季のアニマル柄はレオパードが一押し!
2.大阪のおばちゃんとヒョウ柄の歴史
3.ヒョウ柄コーデの基本!派手さを抑えれば、大丈夫…?
4.大阪の派手文化は心の中に
5.最終結果:ヒョウ柄のスカートをコーデ

今季のアニマル柄はレオパードが一押し!

 

View this post on Instagram

 

alyssa coscarelliさん(@alyssainthecity)がシェアした投稿

小物でちょっぴりアニマル柄を取り入れるというのは毎年のように流行していますが、今季は結構がっつりと取り入れるのがトレンドの模様。

海外スナップやインスタグラマーを見ていても、ヒョウ柄のアイテムを取り入れているのをちらほら発見します。私は「今季はスカートで取り入れたい!」という欲求が発症してしまいました。今季は長めスカートがトレンドなので、体の半分以上をヒョウ柄で締めることになるわけですが、これには一抹の不安が…。

というのも私は大阪生まれの大阪育ちで大阪在住。アニマル柄は慎重に取り扱わなければいけないのです。下手すれば“大阪のおばちゃんコーデ”になってしまうから。決して大阪のおばちゃんが悪いのではありません。大阪に生まれたからには、ヒョウ柄、トラ柄、アニマル柄とは一生対峙していかなければならない宿命なのです。

大阪のおばちゃんとヒョウ柄の歴史

それにしても、なぜ大阪女はアニマル柄との葛藤を抱えなければならないのでしょうか?(えっ私だけ?)少し、大阪のおばちゃんとレオパード(ヒョウ柄)の歴史を調べてみることにしました。

nikkeistyleの記事によると、どうやら江戸時代からハデ好きだった大阪のおばちゃん。着物にも牛がドカンと模様で入っていたりと、とにかくハデだったそう。東京の人の着物と比べてもやはり派手だったようです。

なぜ派手だったのかというと、当時の女性の化粧は白塗りべったりが主流だったから。上沼さん(※1)以上のべったりしたおしろいをぬって、着物を派手にきるというのがオシャレだったのです。なぜ白塗りと着物をあえて対比させたかったのかはさておき、「とにかく派手」というのが大阪人の気質に合ったのでしょう。

現在、「大阪のおばちゃんといえばヒョウ柄」というイメージは全国的にも定着していますが、これはお笑い芸人の指摘により広く知られるようになりました。

確かに、天神橋筋商店街(※2)にはヒョウ柄だけじゃないアニマル柄の洋服が売っています。なぜなのかとよくテレビ番組で問われているのですが、大阪独特の「目立たなあかん」、「誰よりも前へ」の姿勢が根底にある気がします。

ようは目立てばなんでもいいのです。そのため、いわゆる“大阪のおばちゃん”は、ヒョウ柄だけではなくさまざまなアニマル柄のお洋服を多用します。ヒョウ柄にヒョウの顔がドカンとプリントされたトップスなど、目立つを越えて“大阪のおばちゃん”のシンボル、ともいえるのではないでしょうか。

《注意》
年齢を重ねると、すべての大阪の女性がアニマル柄を身にまとうわけではありません。ごくごく一部の勇気あるお姉さま方です。

※1上沼さん:上沼恵美子さん。関西のご意見番として長く君臨している女性司会者。M-1グランプリの審査員で、「顔が白い」と話題をかっさらいました。

※2天神橋筋商店街:アニマル柄を取り入れる“大阪のおばちゃん”の聖地。大阪で面白い素人コメントを取りたいとき、必ずといっていいほど、ここで取材が行われています。

ヒョウ柄コーデの基本!派手さを抑えれば、大丈夫…?

大阪のおばちゃんとヒョウ柄について振り返ってみましたが、結論としては派手すぎなければ「大阪のおばちゃん」にはならないのではないでしょうか。以下、コーデのポイントを考えてみました!

ヒョウ柄(or アニマル柄)を取り入れるポイント

その1 不安があるなら、面積は小さく小物から→シューズやミニバッグなら全然大丈夫!
その2 トップスorボトムスで取り入れるなら、その他は異常なくらいシンプルに。
その3 一見、ヒョウ柄?ハート柄?えっ何柄?とわからないアニマル調を取り入れる
その4 間違っても、アニマル顔ドカンは取り入れない

この基準なら、派手すぎず・バランスよく・オシャレにヒョウ柄を取り入れられる…はず!

大阪の派手文化は心の中に

「ヒョウ柄は取り入れたいけど、大阪のおばちゃんに見えるのでは…」という不安からこの記事を書いていますが、そういう私も実は、カラフルな物や服が大好き。大阪の派手文化を実は心の奥底で継承していることが発覚しました。

なんだかんだ言いつつも、きっと心の中ではリスペクトしているのです。誰になんと言われようと、どんなに強くみられようと、我が道を進み、アニマル柄を全面に押し出すその勇気に。完全に完敗です。

インスタグラムで“映える写真”を探し求め、人から自分がどう見られるのかを気にする人が増えた今、”大阪のおばちゃん”のような存在は貴重ともいえるのではないでしょうか。

最終結果:ヒョウ柄のスカートをコーデ

結局、私はDHOLICさんにてレオパード(ヒョウ柄)のロングスカートを購入しました。一抹の不安を抱えながらも、単純に欲しかったのです。以下は私が購入したものとは異なりますが、レオパードスカートだけでもたくさんあったのでチェックしやすくオススメです。

 

 

コーデ見本:ブラック×レオパード

まずはシンプルに取りいれたかったので、モノトーンの定番「ブラック」とコーデ。
意外にもちょっぴりキツめの印象に。少し派手さが和らいでいる気がします。

コーデ見本:ホワイト×レオパード

そこで真逆の白T(ホワイト)とともにカジュアルに着てみました。自分でもまさかの素人仁王立ちですが、こっちの方が柔らかい印象になりましたね。足元は、スニーカでも良さそうです。(チビだけど)

ただし、私の場合は髪色が完全にヒョウだ…。そうやな、うん。いい加減美容院に行こう!

皆さんも、ぜひ今季のヒョウ柄トレンドを一緒に楽しみましょー♪(完)

yuikomore

司法浪人中にこの世界に浸かってしまったフリーライター。無駄に法務博士(職業)の学位あり。ノマド女子と言いながら、在宅ワークが多いのが最近の悩み。もう一度NY...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。