やる気は自己管理!フリーランスのモチベーションを上げる本3選

Culture

フリーランスとして働いていると、「どうしてもやる気が出なくて困る…」という経験、一度はあるのではないでしょうか。人は自分で選び、自分が望む生活を手に入れてもなかなか満足することはありません。今回はそんなお悩みにガツンと刺激をくれるオススメの3冊をご紹介します。

目次

  1. 人生を見つめる女子トーク#2「やる気が出なくて焦る…」
  2. 自分にとってのモチベーションを知る
  3. コツコツとやり続けるしかない
  4. 海外ノマド生活を現実的に試算してみる
  5. 切り替えスイッチでセルフコントロール

人生を見つめる女子トーク#2「やる気が出なくて焦る…」

とある日の女子会…

今回の登場人物

B美

ノマドワークがモットーのフリーランスライター。最近仕事に対する意欲が高まらずに焦り気味。

D恵

弁護士事務所勤務のパラリーガル。おっとりしているようで芯が強くブレない。

B美
ねえねえ、D恵は仕事に対してやる気がなかなか出なくて困ったことってある?

D恵
そんなのあるに決まってるじゃない!(笑)一度もそうならない人なんていないでしょ?

B美
そっか!ちょっと安心した。D恵みたいにブレない人は、いつもソツなくこなせてるのかと思ってた…。

D恵
買いかぶりすぎだよ(笑)でも最近よく思うの。自分をいつも前向きで調子のいい状態にしておくのって、仕事でもプライベートでも一番大事かもなって。と。

B美
そうだね…私は何もかも投げ出して旅に出かけたくなるタイプなんだけど、旅に出るとなるとそれはそれで大変で…。もっと気軽に気持ちを切り替えたい。

D恵
フリーランスならなおさら!自分をコントロールすることって大事だもんね。旅はリフレッシュできてとても楽しいけど、気軽に気分を変えたいならこの本を読んで見たら?読めば気持ちがパシッと切り替わるよ!

B美
本か、手軽でいいね。うん、さっそく読んでみるよ!!

B美さんのようなお悩みをお持ちの方のために、以下でオススメの本をご紹介します!

自分にとってのモチベーションを知る

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 著者:尾原和啓

こちらの本では、昔と現代のモチベーションの違いを指摘しています。人の幸せの軸には「達成」「快楽」「意味合い」「良好な人間関係」「没頭」の5つがあるとされ、戦後何もなかった日本ではないものをいかに作っていくか、という「達成」と「快楽」が最大のモチベーションとなっていました。しかし現代は、生まれた頃からすでに何もかも揃っており、若者達は後者3つを大事にします。若者が出世やボーナスなどをぶら下げられても、残業や休日出勤をしてまで働くモチベーションにならないわけです。

生活のためにお金を稼ぐというのは最低限必要ではありますが、それが目的と化すると労働がとてもつまらなく感じてしまうんですね。それは単に時代が変わってきているだけであり、決して若者が悪い訳でもありません。フリーランスを自分で選んで働いている人でも、後者3つが得られない仕事をしていれば、モチベーションが上がらずにモヤモヤしてしまうのは当たり前。ではどうすれば楽しい仕事が見つけられるのしょうか?

これからの仕事で大事なのは、自分にとって得意なことで、いかに相手にとって「有ることが難しいこと」を探し当て続けるか、ということなのです。p.501

自分が楽にできてしまうことは、実は本人にとっては当たり前で価値を感じないために、なかなか気づけないものです。得意なことかつ人には簡単にできないことが何なのか、仲のいい友人や家族、恋人に客観的な意見を聞いてみるのもいいかもしれません。それをヒントに仕事につなげられれば、モチベーションが下がるという悩みから解放されそうです。

さとっち
私の得意なことって何だろう…自分のことって実はよくわかってないものだな

尾原和啓さんはこんな人

IT批評家。マッキンゼー、リクルート、Google、楽天など13職を経ています。現在はインドネシア・バリ島に家族で在住。2著作連続kindle総合1位の実績を持つ。

コツコツとやり続けるしかない

半径5メートルの野望 著者:はあちゅう

本のカテゴリーとしては自己啓発本となるこちら。タイトルの「半径5メートル」というのは、現代の20代から30代の世代にとって、自分が興味をもてる日常の範囲のこと。大それた立派な夢などなくてもここを充実させていけば、SNSなどを通じて他人の「半径5メートル」と合わさり、自分の「世界」を広めていけるよという意味です。

はあちゅうさんは自分でも書かれていますが、ちょっとしたことで傷つき、特に才能もない普通の女性でした。そんな彼女がどうして成功しているのか?フリーランス・ブロガーとして活躍する彼女の成功の要因は、以下から読み取れます。

「偶然手を抜いた、たった一回」が大事なチャンスの一回だったかもしれないのです。p.59

サラリーマンでもフリーランスにも言えることですが、手を抜ける仕事は存在しません。全力で一回を取り組まないと、それをリカバリーするのも結局自分。自分のキャリアは自分にしか作れないということを自覚すべきだということです。

感情は「コントロールできないなー」と思っているうちはできないけれど、「しよう」と思った瞬間にできるようになる不思議なものです。今、気持ちを切り替えよう、と決心したら「そう思う」だけでいいのです。一流の人たちは、みんな気持ちのスイッチを自由に操ることができます。p.43-44

やる気を人に求めたりしているうちはまだまだ二流。やる気という目に見えない漠然としたものは、「ある」と自分が決めたらあるし、「ない」と思えばないもの。すべて決めているのは自分ということです。

でも、夢が叶った場所は、新たなスタート地点なのだということが、最近になってようやくわかってきました。p.117

夢を叶えると幸せか?というとそれだけでもなくて、また新たな野望や悩みが出てくるもの。人生はその繰り返しです。

手を抜かずに、感情をコントロールして、コツコツとやること。これが成功の秘訣です。

さとっち
今の自分に深く刺さるものばかり(笑)やる気が出ないと言う前に手を動かしてコツコツ仕事します。

はあちゅうさんはこんな人

大手広告代理店、ITベンチャーを経て独立。現在作家・ブロガーとして活躍されてます。広告代理店時代に受けたセクハラを”me too”で証言したことでも有名。先日AV男優の”しみけん”さんと事実婚されたことでも話題に。

海外ノマド生活を現実的に試算してみる

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅 著者:山本ゆうこ

先にご紹介した2冊とはちょっぴり趣向を変えて、ちょっと風変わりなタイのガイドブックをご紹介します。こちらは一般的なチェンマイの観光ガイドブックではありません。タイトルの通り観光スポットは出てこず、タイのチェンマイでノマド生活を送るために必要な情報を集めた本です。

著者オススメのノマド向けカフェやコスパのいいホテル、ゲストハウスなどもたくさん紹介されており、それがどれもとてもおしゃれでびっくり。仕事している姿を妄想するだけでもニヤニヤが止まりません。毎日のやる気を取り戻すには、ワクワクする目標や夢も必要ですよね。

実践的な内容はこちら

・チェンマイでホテルやゲストハウスではなく、コンドミニアムやアパートで部屋を借りるために必要な手順や費用
・ノービザ(30日)で入国した後に滞在日数を延長(60日)する方法
・月5万円、10万円、15万円の予算によってかかる生活費の内訳

 

どれも実際に住む前提で出てくる疑問を解消してくれるものばかりです!海外ノマドって敷居が高い気がしていましたが、気軽に挑戦できそうだなと思わせてくれますよ。同じ仕事をしていても、所変われば新しい出会いや経験ができ、世界が広がりそうです。

さとっち
せっかくフリーランスで場所に縛られないなら、寒い冬は暖かい海外でノマド生活もありだな

山本ゆうこさんはこんな人

個人でWEBサイトを運営し、好きな時にふらっと出かけるノマド生活を送る女性。チェンマイを始めいろんな国でノマド生活されています。

 切り替えスイッチでセルフコントロール

どうしても気分が乗らず、怠けてしまうときは誰にでもあります。でもその度に悩んだり、落ち込む時間はもったいない!自分の気持ちをコントロールして切り替えができれば、もはや最強です。

やる気は決して外部にはなくて、自分の中にあるもの。自分としっかり向き合って、セルフコントロールできるようになりたいものですね。

関連記事:これで前に進める!モヤモヤして踏み出せない時に読むべき本3選

関連記事:革命児それとも問題児?ホリエモンとキンコン西野から何を学べるか

さとっち

営業や販売を10年間担当したインテリアメーカーを退職し、ブロガー・ライターに転向。旅行が大好きで、いろんな国を旅しながら生きていくのが目標です。旅、グルメ、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。