• HOME
  • ブログ
  • Work
  • ノマド的メンタル管理法!ノマドワークは孤独とどう向き合う?

ノマド的メンタル管理法!ノマドワークは孤独とどう向き合う?

Work

(2018/4/20更新)
「華やかなノマドワーク」と思われがちですが、ほとんどのノマドワーカーは結構地味なワーキングスタイルだと思います。コワーキングスペースなどを活用している方は別として、基本的には1人で仕事を行うので、結構孤独なんです。今回は、そんなノマドワーカーに送る「ノマド女子的メンタル面の管理法」をお伝えします。

目次

1.ノマドワークに孤独はつきもの?
2.人と会わないノマドワークは、メンタル管理が重要
3.ノマドワークのメンタル管理法とは?
ノマド的メンタル管理基礎編:普段からできること
ノマド的メンタル管理応用編:落ち込んだ時にできること
4.落ち込んだ時は、とにかく気の合う友達と話して!

ノマドワークに孤独はつきもの?

ノマドワークというと、何を連想しますか?会社に行かない、通勤から開放される、自分で仕事をする、などなど自由と関連したキーワードが登場しそうだなと思います。

また、本来ノマドワークは、世界中をまたにかけてお仕事をする方法です。日本に限定されず、旅しながらPC1つで仕事をこなして生きて行く生き方だったりもしますよね。

でも、実際のところ、フリーランスは在宅ワーカーが多かったりしま。人とあまり関わらず、家でもくもくと仕事をこなしていくという方が多いはず。もちろん、外でお仕事をすることもあります。

コワーキングスペースに行ってみたり、インタビューのお仕事やクライアントとの打ち合わせなど、人と会う機会もあるでしょう。ですが、基本は家で1人。結構孤独なんですよ。

そう、ノマド女子が陥りがちな「こ・ど・く」について、今回はクローズアップします。孤独な仕事で必要なメンタル管理法をお伝えしたいと思います。

人と会わないノマドワークは、メンタル管理が重要

人と会わないということは、人と繋がりが少なくなるということ。そうすると何か起こるか?鬱です!

なんだか仕事もやる気が出ない。人と会うのも億劫になってきたなぁ。そんな風になりがち。

そして、「自分は仕事もしないで何をしてるんだ」と疑心暗鬼になったり、自分を責めたりします。でも、これあなただけじゃないですよ。この仕事では、よくあることです。

自由に、孤独はつきものです。

ノマドワークのメンタル管理法とは?


そこで、メンタル維持方法が必要になります。私自身は、以下を積極的に実践するようにしています。今、メンタル落ち気味!という方はぜひ参考にしてみてください。

ノマド的メンタル管理基礎編:普段からできること

生活は規則正しく・運動はしっかり目に

生活を規則正しくして、運動をすること。これ本当に大事です。「それが難しいんや!」って言われそうですが、これがないとメンタル崩れがちになります。

人は習慣に基づいて暮らしています。モチベーションがなくても、歯を磨けるのと同じように、仕事や普段の行動も習慣化してしまうと楽になります。

人に会わない生活だからこそ、あえて朝早く起きて、運動や食事も健康的にすると、メンタル管理も楽になります。体と心は繋がっています。ここを侮ってはいけません。

外に出る機会を自分で作ること

外出をすることも大切です。「仕事が詰まっていて、家に缶詰。」なんてことも、あるかもしれませんが、自分で積極的に外に出る機会を作ることが大切です。

外に出て、世間の空気に触れあい、季節なんか感じてみるのも悪くないと思いますよ。家に引きこもりがちだと、外に出るのも億劫になりますが、あえて自分で「明日は外で仕事する!」など決めて行動するとメンタルも安定します

人と話すように心がけること

人と話すことも重要です。1人暮らしで、ノマドワークという方は、ここを特に気をつけた方がいいかもしれません。人と話さないと、自分と会話する時間が増えます。

心の中でいろんなことを自分に話しかけているうちに、考えすぎて煮詰まっちゃうことも。友達や家族と話すことで解決する悩みもあります。

フリーランスの場合、ネット上で同じ業種の人たちと交流もできます。スカイプで話すだけでも、メンタル管理には効きますよ

人と比較しない・自分を責めない

そして、「人と比較しない・自分を責めないこと」も大事。ノマド女子の働き方は、まだ世間で受け入れられているとは言い難いと思います。

「フリーターでしょ?」なんて言われることもあるかもしれません。そして、自分より成功している人や会社員の友達と比較して悩みます。「私ってダメなのかなぁ…」とかね。

でも、現実はいろんな人がいて、いろんな価値観の人がいます。他の人を真似したって、うまくいくとは限りませんし、自分のやりたいことをしている生き方を周りは「いいな」という目で見ているかもしれません。

自分は自分、他人は他人。そう思うことは、人と違うことをする上で重要な考え方だと思います。

ノマド的メンタル管理応用編:落ち込んだときにできること

上述したような方法を取っていても人間ですから、誰でも落ち込んでしまうことはあります。そんな時にできる、回復方法は以下の通りです。

気を許せる人に話すこと

さぁ、またまた登場しました。人との接触です。こちらは、「人と話すこと」とは異なり、深い仲の友人や家族、信用している人と話すことが大事です。というのも、自分の悩みを打ち明けないといけないから。

落ち込んでいるということは何らかの原因があります。「大したことじゃないから人に話したくない」、「何で落ち込んでいるのかわからない」このような理由で話したくないという方もいらっしゃいます。

ですが、人に話すことで頭が整理されることもあります。人は1人では生きていけません。頼るべきときに頼ることも、ノマド女子に必要なスキルだと思います。

本を読むこと

次に、本を読むことです。いろんな自己啓発本が出ていると思います。実践するかしないかは別として、元気をくれる内容が多いのは確かです。

自分で解決したい気持ちが強いなら、特に本から情報を摂取して悩みを解決できるよう自分に後押しをしてあげてください。「何読めばいいの?」という意見もありそうですが、本屋に行って、人気の自己啓発本のコーナーを見るのがおすすめです。

タイトルなどで気になる本があれば、それは悩みの解決に役立つ本かもしれません。コーヒーを飲みながら、ゆっくり本を読んで、自己解決を図るのもありでしょう。

元気をくれる映画を見ること

元気をくれる映画を見るのも意外と効きます。「プラダを着た悪魔」「マイ・インターン」など定番の女子パワームービーもおすすめですが、笑えるコメディなんかもいいと思います。

笑いはストレス発散に最適です。モチベーションを上げたいんだ!というときは、成功者のドキュメンタリー映画がおすすめです。ビヨンセやレディ・ガガなど世界的に活躍している女性のドキュメンタリーを見ると、励みになるかもしれません。

私はドキュメンタリー系は結構好きです。みんな結構苦労してるし、すごいけど意外と弱いところもあるんだなぁと思って勝手にうなづいてます。

小さな一歩を踏み出してみること

いろいろ試してみて、少し気分がマシになってきた。でもまだいまいち調子が出ない。そんなときは、小さな一歩を踏み出す必要があります。

落ち込むときは、防衛本能が働き、引っ込み思案になってしまっていると思います。そこから抜け出すには、小さな一歩が必要なんです。小さな一歩は何でもいいです。

滞っていた仕事の一部分だけやってみる。仕事をしたくなくて、PCすら開いていない。そんなときは、デスクに座ってパソコンを開くだけでも良いです。

とにかく、小さな勇気を出してみることが大事です。ここで注意すべきは、決して大きな一歩に踏み込まなことです。いきなり大きなことに挑戦して、失敗したら余計に落ち込みます。

目標は小さく、なんでも行動できたら大成功です。そこからは自然と元の調子に戻っていくはず。

落ち込んだときは、とにかく気の合う友達と話そう

普段から、メンタル面についても自己管理することはノマド女子にとって必要なことです。でも、どれだけ管理しても、うまくいかないときは絶対にあります。

とにかく、落ち込んだときは誰かに話してください。ある研究では、女性は男性より人に話すことでストレス発散になることがわかっているそうです。

女性は「話す」という行為自体で、精神的に楽になることも多いと思います。気の置けない友達と久々にバカ騒ぎして、楽しい女子会を繰り広げるとストレス発散できるかもしれません。

yuikomore

司法浪人中にこの世界に浸かってしまったフリーライター。無駄に法務博士(職業)の学位あり。ノマド女子と言いながら、在宅ワークが多いのが最近の悩み。もう一度NY...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。