• HOME
  • ブログ
  • Work
  • パソコン仕事の方必見!眼精疲労対策に効果的なアイケアグッズ3選

パソコン仕事の方必見!眼精疲労対策に効果的なアイケアグッズ3選

Work

PCやスマホはフリーランスに必須のアイテム。生計を立てるのに必ず必要であり、大事なデバイスたちなのですが、私たちに悪影響を及ぼしていることも事実。特に、目に対する影響は絶大です。そこで、今回は毎日使える目のケアグッズをご紹介します!

目次

1.毎日スマホにPCに…目の保護対策していますか?
2.ブルーライトの目への影響
3.目のケアができるおすすめグッズ3選
4.パソコンの位置変更や目の運動などアイケア実践編!
5.毎日のケアを続ける習慣が大切

毎日スマホにPCに…目の保護対策していますか?

毎日パソコンやスマホに長時間を目を通していませんか?
フリーランスだけではなく、現代人はほぼみんなそうかもしれません。
しかし、長時間スクリーンを見続ける生活の目に対する影響はすさまじいものがあります。

具体的には以下のような影響です。

・視力が落ちる
・老け顔になる
・うつになる

長時間PCやスマホを見ていると、まばたきが少なくなりドライアイ状態になります。
また一点を見つめがちになるため、目の動きも少なくなるのです。
すると、眼精疲労が蓄積していき、視力が低下するおそれがあります。

ラップトップやスマホを見るとき、いつのまにか下向きになっていませんか?
そうすると、頬や顎の肉が垂れてしまい、いわゆる「老け顔」になってしまいます。

特に、ずーっと下向きで人と話さず、家で作業をしている方は、顔を動かさないため顔の筋肉が鈍ってしまうため要注意です。

さらに、下向きになるとうつ傾向になりやすいというデメリットもあります。
目の疲労がたまると、頭痛や肩こりその他の症状を発症し、日常に活力がなくなってしまい、精神的にも影響してきます

ブルーライトの目への影響

PCやスマホが発するブルーライトは目に悪いと一般的に指摘されています。
ブルーライトとは380-495nmの青色の光で、紫外線に近い強い光のこと。
紫外線は角膜等で吸収されますが、ブルーライトはそれを超えて網膜まで到達すると言われています。

ブルーライトの影響は目に止まらず体内時計にも影響し、夜見ると不眠を引き起こすとも言われています。
このほか、眼精疲労の原因となりうることや、長期的に見て目の病気(加齢黄斑変性など)を引き起こす可能性があるとも指摘されています。

病気のリスクについては十分な臨床結果が得られていないため、確実にリスクがあると断言はできませんが、私たちが現実に感じている「目の疲れ」は本物。スマホやPCなどを使用することで、目の痛みや疲れが増幅していると実感している方も多いはず。

長期的な影響を考えると、身体が資本のフリーランスこそ、目のケアをしておくべきということですね!

目のケアができるおすすめグッズ3選

次に、目のケアができるおすすめグッズを3選ご紹介します。
実体験をもとに、効果があったものだけを列挙しています!

1.あずきのチカラ


まずご紹介したいのが「あずきのチカラ」。チンするだけで何百回も使えるという優れアイテムです。

仕事の途中、「あー目が疲れたな」と感じることが多くありませんか?
そんなとき、仕事を中断して、休憩がてらにSNSをチェックする方は多いはず。
でも、これ目の休憩になっていません。「疲れた」と感じたら、目を温めましょう

濡らしたタオルをチンしてホットタオルを作るのも良いのですが、メイクが崩れたり、濡らすのが面倒ですよね。
あずきのチカラは何度でも使えて経済的、かつほっこりお汁粉(あずき)の香りがするので癒されます。

「小休止にあずきのチカラ」オススメです!

2.眼精疲労用の目薬・Vロートプレミアム 15mL


【第2類医薬品】Vロートプレミアム 15mL

目薬をささない方も多いようですが、目薬はやっぱり効きます。
私が愛用している目薬は「Vロートシリーズ」
私の場合は、昔から目の疲れが激しいので、目薬の中では比較的高めのこちらの製品を愛用しています。

ただし、私は薬剤師ではないのでどれが一番良いのかということはわかりません。
これ以外でも、眼精疲労用の目薬であれば問題ないでしょう

目薬をさすタイミングは、「ちょっと疲れたかな」と思ったときか、「仕事終わり」に刺すのがオススメ。

3.サプリ・ロート製薬 V5粒


最後にご紹介するのが、とっておきのサプリである「ロート製薬 V5粒」です。
ロートの回し者ではありませんが、こちら私にはめちゃ効きます。

意外にも即効性があって、飲んで30分もすれば少し目が軽くなります。
家族にも勧めているのですが、私の家族は皆同じ好感触です…!
ルテインが入っているものであれば、基本的には効くのだと思うのですが、私はこちらの製品が効きます。

同じ成分を配合したサプリでも、配合量に差があれば効き目は変わってきます。
他の商品に比べてこちらは200-300円お高めなので、長期間続けるのであれば他社製品も試してみるのがオススメです。

ただし、何回も言いますが、私にはこれが効いてます!笑

パソコンの位置変更や目の運動などアイケア実践編!

グッズを使う以外にも自分でアイケアの工夫することはできます。
眼精疲労に困っている方、できることはすべてやってしまいましょう!

1.パソコンの画面の位置を変える

パソコンの画面の位置は目より数センチ高めが良いとされています。
目とモニターの感覚は50cm程度がベスト!

ラップトップだとどうしても目線が下になりがちなので、家で作業するときはできればデスクトップを使いたいところ。
コスト的な問題がある場合は、ディスプレイ位置を目の高さまで底上げして、キーボードはBluetooth接続できるものに変えると良いでしょう。

2.ブルーライトカットのメガネやシートを使う

ブルーライトカットのスマホやPC画面の保護シールは、ブルーライトカットに効果的と言われています。
ブルーライトを少しでも減らせば、眼精疲労も軽減される可能性は高いはず!

もっとも、長時間同じ体勢で作業しているとどうしても眼精疲労はたまってしまうので、必ず小休止は必要です。

3.目の体操・マッサージをする

眼球をぐるっと一周まわしてみてください。
眼球を上にあげたときに目の上が重いなと感じませんか?
もしそうなら、眼精疲労が蓄積しています。

目の筋肉をできる限り動かしてあげましょう。
こめかみマッサージや頭皮全体のマッサージも効きますよ。

毎日のケアを続ける習慣が大切

眼精疲労は毎日溜まっていくもの。
目は起きている間ずっと稼働しているので、日々ケアしてあげることが大切です。

1日だけ目によい行動をとってもあまり効果的とはいえません。毎日の習慣にすることを心がけましょう。

yuikomore

司法浪人中にこの世界に浸かってしまったフリーライター。無駄に法務博士(職業)の学位あり。ノマド女子と言いながら、在宅ワークが多いのが最近の悩み。もう一度NY...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。