• HOME
  • ブログ
  • Law
  • 画像・動画の流出をどう防ぐ?リベンジポルノ対処法&予防法

画像・動画の流出をどう防ぐ?リベンジポルノ対処法&予防法

Law

プライベートで撮った画像がネット上に拡散されるという“恐ろしさ”を経験する女性が増えています。元彼からの嫌がらせで「ネットに拡散してやる」と脅迫されるケースがあるそうです。公開されるのは交際を匂わすものからきわどい写真までさまざま。こんな被害に遭わないためにも、今回は、リベンジポルノの対処法・予防法をお伝えします。

目次

#身近なSOS女子トーク#彼と撮ったキス写真がSNSに流出…
1.リベンジポルノ防止法|どうやって罰するのか?
2.SNSに際どい写真が…!ケース別対処法
3.リベンジポルノを予防する方法5つ
4.うっかり消し忘れ画像にも注意が必要

身近なSOS女子トーク#彼と撮ったキス写真がSNSに流出…

とある日の女子会…

今回の登場人物

A子


大手メーカー勤務のバリキャリ。会社では姉御肌のできる女。SNSはあまり使わなく情報に疎い。

D恵


弁護士事務所勤務のパラリーガル。おっとりしているようで芯が強い。ワイン好き。

A子
実はちょっと相談があるの。

D恵
どうしたの?見た目からも元気のなさが伝わってきてるよ…?

A子
いや、実はね、元彼と1か月前に別れたでしょ?円満に別れたと思ってたんだけど、久々にSNS見たらまだ交際中ってなってたのよ。しかも、私と旅行に行った時の写真とか友達限定だけど公開してるの。なんかちょっと怖いんだよね。

D恵
えっちょっと引くね…。でも、それって普通に2人で写ってる写真でしょ?なら消すの忘れてるだけじゃないの?

A子
いや、それがなんか別れてから公開してる感じなんだよねぇ。

D恵
えっそれって別れたこと公表したくない・あるいは別れたこと自体認めてないってことじゃないの?一回話ししてみた方がいいんじゃない?

A子
うん、そうだよね。で、話したのよ。そしたら、やっぱり別れたくないって。それで喧嘩になって、もっとプライベートな写真も公開してやる!って言われたの。

D恵
えっなにそれ?きわどいやつじゃないよね?

A子
違う違う。キス写真とか?ハグとか?あとは…

D恵
あーもう話さなくて大丈夫です(笑)でも、それ完全に脅してるよ。いわゆるリベンジポルノじゃん…。嫌がらせ目的で元交際相手の性的な写真公開するっていう…。のんきなこと言ってないで、さっさと対策打たなきゃ!

A子
リベンジポルノっていうの?えっなんか言葉がこわい。えっでも言ってるだけで、そんなにひどいことはする人じゃないと思うの。

D恵
そんなの別れたらわからないじゃん。怒ってるし、実際に脅迫してるし。

A子
まぁそうだけど…じゃあどうしたらいいの?

D恵
まず、①ちゃんと冷静に話し合って、キスとかハグとか諸々の画像は消してほしいって言わなきゃ。それでも激昂したりするようなら、②弁護士に相談するって啖呵切っちゃった方がいいと思う。本当にヤバそうだと思ったら、③警察に「脅迫された」って通報した方がいいよ。刑事事件として立件できる可能性は高いと思う。

A子
本当にネット上に拡散されることなんてあるの?

D恵
あるよ!年々リベンジポルノの問題は大きくなってて、被害者も増えてる。万が一流出してしまったら、すぐにアップロードされた運営元に削除請求しないと、一生ネット上に自分の変な写真が残り続けるよ。

A子
あんまり怖いこと言わないでー…。でも、すぐにメールで話し合おうって言ってみるよ!

D恵
ヤバかったらすぐに通報しなきゃダメだよ!

A子のようなお悩みがある方は、意外と多いかも…以下で詳しくご説明します!

リベンジポルノ防止法|どうやって罰するのか?

皆さんは、リベンジポルノという言葉をご存知でしょうか?

リベンジポルノとは、交際相手の性的な画像や動画をいやがらせ目的でネット上などに拡散させることを指します。アメリカから来た概念ですが、現在は日本でもリベンジポルノ対策法が施行されるほど問題となっています。

リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)では、以下のように規定されています。

第三者が撮影対象者を特定することができる方法で、電気通信回線を通じて私事性的画像記録不特定又は多数の者に提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。(同法3条)

簡単にいうと、①誰かがわかる②プライベートで撮った性的画像・動画を③インターネットにアップロードすることが禁止されています。もし、これをしてしまうと、懲役刑も課せられる可能性があるのです。

これ以外でも

わいせつ物頒布等の罪(刑法175条:2年以下の懲役又は250万円以下の罰金)

名誉毀損罪(刑法230条:3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金)

脅迫罪(刑法222条:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金)

などが成立する可能性があります。

18歳以下の未成年のわいせつ画像だった場合は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(同法7条:1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)となります。

正確な統計は出ていませんが、警察庁の統計では、2015年のリベンジポルノ相談数は1143件で、特に30代以下の若い層に多い傾向にあります。実際には、「ネットに拡散させる」と脅迫を受けたというケースが多いようです。

SNSにきわどい写真が…!ケース別対処法

SNSに元彼とのプライベートな写真がアップされる場合、内容としては2つの部類にわかれます。

1つは、旅行などで仲良さそうな2人の写真、キス写真、ハグ写真など、わいせつとはいえない写真です。もう1つは、ヌード写真など本来公にはなってはいけない“きわどい”写真

それぞれにわけて対処法をお伝えします。

交際中の写真 – Notわいせつ画像 –

刑事事件となるのは、原則として、わいせつ画像の場合です。キスやハグの写真などは、もちろんわいせつな写真にはあたりません。そのため、基本的には相手との交渉が基本となります。

ケース1 交際中なら、話し合いで解決する

まだ交際中でも、SNSなどにアップして欲しくない画像は、今すぐ話し合って消してもらいましょう。SNS上にアップされてしまった場合には、鍵アカウントであってもネット上に画像が残り続ける可能性があります。消去してもらったあとは、念のため、グーグル検索で表示されないかどうかもチェックすることが大切です。

【関連記事】Google検索結果に自分の顔写真!消去したいときの対処法

ケース2 別れたあとでも、強気に交渉する

お別れしていた場合でも、SNS上に交際中の写真をアップしたままのケースがあります。この場合も、ールや電話などで消してほしいと伝えるしかありません。悪意がない場合は、話せば決してもらえるはずです。

あなたと別れるのが嫌で、いやがらせ目的でアップロードしている場合はストーカーになる可能性もあります。相手が削除に応じない場合は、弁護士に話すと強気に出て交渉すべきです。それでも応じない場合は、本当に弁護士に話してしまうか、警察に相談してみましょう。

完全プライベートな写真 – わいせつ画像にあたるもの –

次に、元彼との完全プライベートな画像の問題です。わいせつ画像にあたるものは、衣服の一部または全部を身につけないヌード写真、動画などがあたります。下着写真については、残念ながらリベンジポルノ対策法の対象外です。もっとも、名誉毀損や脅迫罪には当たる可能性はあります。

ケース1 別れた後のいやがらせで「拡散する」と脅された

別れた後の嫌がらせ目的で、「画像や動画を拡散してやる」と脅されるケースが報告されています。この場合は、脅迫罪わいせつ物頒布等の罪に当たる可能性があります。警察に脅迫を受けたことを報告しましょう。

ケース2 ハッキングされたらすぐに警察へ

交際中の彼や別れた彼、自分のスマホがハッキングされたというケースもまれにあります。この場合も、すぐに警察へ通報してください。不正アクセス禁止法で処罰できる可能性が高いです。また、ネット犯罪に強い専門家である弁護士にも相談しましょう。きわどい写真ではなくとも、キス画像でも立件できます。

リベンジポルノを予防する方法5つ

その1 きわどい写真はとらない

「彼はネットに流すなんて絶対にしない!」と思うでしょう。しかし、別れてしまえば赤の他人。その人がどのように変わるかなんて予測できません。壊滅的な被害を100%防げる方法は今の所これしかありません。

その2 拒否して関係が悪くなるなら、別れる

仮に彼がセクシーな写真を要求したとしましょう。それをあなたが嫌なら拒否すべきです。「なんとなく流されて…」というのは一番危険です。嫌なら、はっきり相手に伝える。それでも納得してくれないなら別れるくらいの覚悟を持ちましょう。嫌なことを強制するのは、DVの1つになりえます。

その3 合意の上なら、しっかりと話し合う

「別に撮ってもいい、楽しみたい」という方もいるはずです。若い女性の6割は性的な写真を彼に送ったことがあるとの統計も出ているため、もしかすると「撮るな!」という選択肢自体、時代遅れなのかもしれません。しかし、この場合でも、気軽にOKを出す前にしっかりと彼と話し合いましょう。写真は撮ってもいいけど、「楽しんだら必ず消してそれを確認する」などのルールをしっかり設定することで、最低限危険を減らすことができます。

その4 撮ったあとには消す。SNSには絶対に載せない

また、先出ししましたが「撮ったら消す」は必要です。写真や動画が存在する限り、流出の危険は必ずあるということを考えておきましょう。また、SNSには載せないでください。鍵アカウントでもハッキングされたら終わりです。ハグやキス写真などは問題ないと考える方もいますが、別れた後に「消して」ということほど面倒なことはありません

その5 別れるときにも確認すること

最後に、残念ながらお別れすることになった時は、問題になりそうな画像や動画は消してもらいましょう。ネットに流されるなんてことはなくても、辛い別れ方をした後なら、ヤケクソになって周囲に見せてしまう可能性だってあります。大人ですので、最後は自分でけじめをつけましょう。

うっかり消し忘れ画像にも注意が必要

交際中は、思い出を残したい一心で何百枚と写真を撮る方も少なくないはず。でも、きわどい写真でなくとも、中には後から見たら「えっ?」となるような写真も含まれているかも…?

別れるときにはこの画像たちの処分の方法も考えるようにしましょう。そして、別れる時はできるだけ冷静に、円満に別れる方が良いのかもしれません。…実際は難しいケースも多いですが。

【関連記事】これってセクハラ?自分でできる対処法や具体例を教えて!

【関連記事】リベンジポルノは被害者が悪い?撮らない以外の予防策

yuikomore

司法浪人中にこの世界に浸かってしまったフリーライター。無駄に法務博士(職業)の学位あり。ノマド女子と言いながら、在宅ワークが多いのが最近の悩み。もう一度NY...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。